image


河村直美

25歳で独立。

先日30歳を迎え

プティアイビューティは

4周年を迎えました♡♡♡


最初は2人で始めた小さなサロンも

昨年夏に京橋店をOpen

今年10月には

福岡初出店となる薬院店をOpen

今では12人の仲間が増えました♡

image


image



この間は福岡薬院店忘年会^ - ^


image




現在3店舗の運営と

私自身もプレイヤーとして日々奮闘しております。





さて、



何故私が美容師から

アイコーディネーターに転身したのか




私の美容師としての3年間は

とにかく毎日が手荒れ、激痛との戦いでした。

帰宅する頃には我慢も限界です。

自分の洗髪は手袋をせずにはいられない

顔を洗うのも手袋でした。

彼氏とのデートに居酒屋へ行って

お箸が持てないのでフォークを頼むと

子供用のフォークが出てきたことを

今でも覚えています。


とにかく彼氏の前で女の子でいたい!

辛い現状から抜け出し

自分らしく生きたい!

女性としても存分に楽しみたい!!


そんな思いが日に日に強くなった私は

当時一部の人から注目を集めていた

『まつげエクステ』に

興味を持ちました。



まつげエクステの技術を身につけ

自ら稼ぐ力を付けよう!




そこで当時働いていた美容室のオーナーに

今後まつ毛エクステは

美容にとって不可欠なものになることを説き、

まつ毛エクステを導入してほしいと

申し出ました。


そしてアイリストの第一人者になるべく

自らスクールに通い始めたのです。



当時は、

周りにアイリストの道を模索する人が

ほとんどおらず、

前例のない世界に飛び込む不安はありました。



しかし、

自分の理想を追求したい一心で

努力し続けました。


徐々にまつ毛エクステの魅力に惹かれ

美容師を離れることになりました。


アイリストになってからは

食事管理もでき睡眠もとれ

お休みもしっかりとれて

プライベートも充実!

日に日に手荒れも良くなり、

自分らしい、人間らしい生活が

できるようになりました。

美容師の時よりも収入が増えたことが

なによりも嬉しかったです。




このように

アイリストとして再スタートした私は

新たな事実に気付かされるようになります。




それは…



お客様本来の魅力を引き出すためには

ただまつげエクステをつけるだけでは不十分であり

お客様のまつ毛の生え方や癖、目の形、

顔の骨格、パーツバランス、ヘアスタイル

さらにはライフスタイルまで

正確に分析していくことが重要である




という事実です。



今まで

いかに自分の技術に対する視野が狭く

つまらない技術をしていたことに

気づかされた私は


約2年前にお店の形態を


【まつげエクステ専門店】から

アイゾーン全体をプロデュースする

【アイコーディネーターサロン】


に変える決意をしました。


image




そのきっかけは

JBCA日本ビューティーコーディネーター協会との出会いであり


下田とよみ理事との出会い。


image






アイコーディネーターとは

まつ毛だけでなく

骨格、パーツバランス、ヘアスタイルを分析し

アイラッシュ、アイブロウ、アイメイク等

アイゾーン全体をトータル的に提供する

美容師免許を取得した技術者です。



アイラッシュやアイブロウ、

アイメイクやアイケアまで

すべてをトータルにプロデュースし

提供することで

お客様の満足度を高めることが

これまで以上の

サービスの品質向上に繋がると

リアルに今!現場で感じています。


まさに

アイリストとの圧倒的な差はここにあり

これが

アイコーディネーターの魅力・面白さ

なのです。

この魅力に

ぜひたくさんのアイリストの方々に

気づいていただきたいです!!



そして先月!!



プティアイビューティーは

4周年を迎えました♡



image




独立した時から

私には

力を入れてきていることがあります。




それは



女性が

自信と誇りをもって

働ける環境をつくること





弊社が運営している

プティアイビューティの中には

既婚者3名

その中にはママもいます。



彼女たちは

自分のライフスタイルに合わせて

出勤しておりますので

週3〜4出勤、

1日4〜6時間勤務であったり

土日だけ勤務の者もいます。


女性は結婚、出産、子育てなどで

どうしても仕事が続けられなかったり

働き方を選ばざるおえません。



私が今までこうして

扶養内勤務の者を

積極的に採用してきたのも


美容業界で定年まで働ける会社

を目指しているからなのです。



社会でのキャリアは

もちろんしっかり積んでほしいです。


でも出産は女性しか経験することが

できません。

女性しか経験することのできない

出産だからこそ

子育ても経験し

ママとしてのキャリアもしっかり積んでほしい


その時に


せっかく技術者として生きてきたなら

スーパーのレジ打ちでも

事務でもなく

ぜひ、

美容業界で技術者として

復帰してほしい


と願っています。


ママの仕事は技術者なんだよ。

アイコーディネーターなんだよ。



って。

私はそれが

とてもカッコイイことだと思っています。



アイコーディネーターも

ビューティーコーディネーターも

一度美容業界を離れた方々が

再挑戦しやすい職種です。



弊社も人材不足で悩んでいます。

微力ではございますが、

またたくさんの方々に

美容業界に戻ってきていただけるよう

アイコーディネーターの魅力

発信し続けたいと思っています。


image




naomi.k


http://petit-eyebeauty.com">
プティアイビューティー
ホームページはこちら



スタッフ採用情報はこちら